Posts Tagged ‘Illustrator’

page2013に行ってきました。と、カラーオンデマンドプリンターの自慢じゃなく紹介」の記事へ

2月 9th, 2013

「きづきやヒントを得る場として」印刷技術関連の展示会page2013に行ってきました。
主催は日本印刷技術協会(略称・JAGAT、ジャガット)です。

 

 

今回は「 作業時間を短縮!InDesignとIllustratorでスクリプトを使ってみよう」という
セミナーを聞いてきました。
テキストのスタイルの適用を自動化したり、リンク画像の収集を自動化したり、
便利なスクリプトが世の中たくさんあるんだなぁと感心しました。
しかも無償で公開されているものがたくさんあって素晴らしい。
ぜひ仕事でテストして利用させてもらいたいと思いました。
そんな便利なスクリプトリンク集はこちらにあります。

展示会では少部数印刷のオンデマンドプリントの最新機械がたくさん。
富士フィルムではColor C75 Pressという最新型を見てきました。
ちなみにアヴァンでは昨年導入した、けっこうすごいプリンターがあります。
それがカラー800プレスです!じゃーん↓↓

 

 

めちゃめちゃ速いカラープリンターです。そして富士ゼロックスさんは画質がキレイ!
数年振りのカラー機の入替なので、とてもとてもいいです。
レーザープリンターはどうしても出力のテカリ(光沢感)が気になるのですが、
新しくなるたびにどんどん改変して、だいぶマットになってきました。

出力できる紙の種類も増えて、厚紙や薄い紙の対応も柔軟になっています。
アヴァンでは紙のギャラリーにいっぱい紙がありますが、
今まで印刷は「ごめんなさい、できません」と言っていた紙も出力できちゃったりします。
全部ではないので、これはという紙がある方はぜひ店頭でご相談ください。

 

ちなみに店頭でカンプ出力など、その場でデータ出力の場合は、
アヴァンではDocuColor 5151 Pで出力しております。

 

 

こちらも色はかなりキレイです。もちろんコート紙の出力もできて、けっこう紙の種類の対応力もあります。
上部のソーターの読み込みのところで原稿を入れるとささっさっとPDF作成してくれたりします。
この機能でアヴァンでは文書の電子化としてPDF作成もしています。

 

展示会ではスマホやタブレットが花盛りで、クラウドや電子ブックなどの新技術が飛び交っていました。
アヴァンはコピーやプリントのお店ですが、逆に紙原稿からPDFなどのデータにしたり、
写真をスキャニングして加工、デザイン制作もしたり、
配布用の映像DVDを10枚複製などのデジタルサービスも充実させています。
興味がある方はぜひお問い合わせください。

2013.2.9

 

アドビCS6とOffice2010のデータ出力、そしてブルーレイの受付ができるようになりました」の記事へ

1月 21st, 2013

実は昨年末にはアヴァンのカウンターには登場していたのですが、
新しいWindows7のデスクトップを郡山本店と仙台店に設置しました。
その中身をずらずらーと公表いたします。入稿される方は参考になさってください。

 

まずは、アドビCS6のデータ出力ができるようになりました。
祝! Adobe Illustrator CS6Photoshop CS6 導入パチパチ

AdobeCS6

アヴァンではイラストレーターとフォトショップの入稿が多いのですが、
今までCS4までだったので、CS5、CS5.5と飛び越えてのアップグレードです。
まだ店頭のiMacはCS4なんですが。。。

 

それと Microsoft Office 2010 のデータも受付できるようになりました。

すでに来月2月7日には Office 2013 が発売されますけど。。。
今までワードやエクセル、パワーポイントは Office 2007までの対応だったので、
いちおう静かなるアップグレードです。

本体は EPSON の MR7000E に Windows7 の 64bit版
CPU はがんばって Core i7-3770 (3.4GHz)、
いちおうグラボも AMD Radeon HD 6570 1GBをつけてます。
グラボはDTPではなくてもいい話もあるんですが、前にVistaで付けなかったら
けっこう動きがもっさりしてる感じだったので今回は小さいの付けてみました。

 

そして目玉のブルーレイディスクがつきました。

ブルーレイのアイコン

これで Blu-ray Disc の入稿受付もできるようになりました。
けっこう家庭用のブルーレイレコーダーが増えたせいか、入稿でも
ちらほらブルーレイで持ってこられる方もいらしたので朗報です。

 

中身はあんまり入稿に関係ないですが SSD+HDD で組んでみました。
CS6 は Design Standard をインストールしたんですが、SSDの私の設定が
ダメなのか InDesign が動きません。Acrobat もおかしい。。。
というわけで InDesign CS6 は対応厳しい状況です。
来店するお客様でインデザインの方はほとんどいませんが、すいません。

今後としてはMac版CS6を導入し、出力テストしていく予定です。
その次はiOSやAndoroidからの無線プリント、Windows8対応とか・・・
お客様の要望や世の中の動きにあわせ、
アヴァンではサービスの向上に努めてまいります。
2013.01.21

fmいずみさんのチラシ」の記事へ

3月 26th, 2011

 

仙台市泉区のFMラジオ局、『fmいずみ』さん。

先日の震災で、ラジオ局がある地下鉄泉中央駅 駅ビル”swing”が被害を受け、

十分な設備が整わない状況の中、泉区の人たちのために情報を提供して下さっています。

本当にありがとうございます。

 

そのfmいずみさんがチラシを作成するということで、当店で印刷していただき、

さらに広告掲載もしていただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

↓ こちらです ↓

fmいずみさんのチラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在fmいずみさんでは、震災からの復興に向けて、地域の情報を紹介しています。

 

このブログをご覧の皆様の中でも、

「自分のお店は営業している!」

「○○を売っているお店を見つけた!」

などの情報がありましたら、ぜひfmいずみさんまでお知らせください。

 

またアヴァンではこのようなチラシの印刷もできます!

手書きの原稿やパソコンで作成したデータをぜひお持ち下さい。

(紙は在庫限りになります。)

(データはワード、エクセル、パワーポイント、PDF、イラストレーター、

フォトショップであれば印刷可能です。)

文字のアウトライン」の記事へ

9月 25th, 2010

 

 

今日は、イラストレーターでのデータ入稿時の注意点である、

アウトラインのかけ方について少々説明してみたいと思います。

 

ピクチャ 2

 

 

 

例えばMacのイラストレーターで上のような文字を打ったとします。(バージョン:CS4)

この文字にアウトラインをかけないまま保存して、

別のパソコン(windows)で開いてみます。

すると、

 

文字化け

 

 

 

 

フォントが全然違うものに置き換わってしまっています。

これは、macで使った「DF麗雅宋Std」というフォントが開いたwidowsに入っていないからなんです。

このような現象は、mac↔windowsに限らず、mac同士、windows同士でもフォントの有無(特にフリーのフォントなどをご使用の場合)やイラストレーターのバージョンの違い、OSのバージョンの違いによっても生じます。

 

ですので、入稿時には文字にアウトラインを必ずかけてくださいね。

 

ピクチャ 1

 

 

 

 

文字を選択した状態で、「書式」タブから「アウトラインを作成」を選択してください。

 

ピクチャ 3

 

 

 

 

これで文字にアウトラインがかかりました。

この状態になれば、先程フォントが置き換わってしまったwindowsで開いても、問題無く表示できます。

フォントの注意。」の記事へ

9月 14th, 2010

 

 

フォント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンにはいろいろなフォントが入っていますよね。

お客様がご自分のパソコンにてデータを作られる場合にも、

色いろなフォントをご使用になるかと思われます。

 

そのデータをアヴァンにお持ちいただく場合、

注意が必要です。

 

お客様のお作りになったパソコンと、アヴァン店舗のパソコンでは

PC内に登録してあるフォントが一致しない場合があります。

その場合、当店の別なフォントに置き換わってしまいますので、

文字化け、文字ズレなどが生じる恐れがあります。

 

 

・イラストレーターでデータをお作りになる場合は、必ず文字にアウトラインをかけてください。

 

・ワードやエクセルでデータをお作りになる場合、店頭でスタッフと一緒にデータを確認されることをオススメしております。

 

対応メディア。」の記事へ

5月 22nd, 2010

 

 

アヴァン店頭にデータを直接お持ちいただくときに、

どうやってもっていけばいいの??というご質問をいただくことがあります。

 

 

アヴァンでは以下のメディアの読み取りが可能です。

 

 

 

・フラッシュメモリ

・CD-R

・DVD-R

・フロッピーディスク

・MO

・SDカード

・mini SD

・micro SD

・xD-Picture Card

・SmartMedia

・MultiMediaCard/MMC

・RS(Reduced Size)-MMC

・Memory Stick

・Memory Stick Duo

・Memory Stick PRO

・Memory Stick PRO Duo

・CompactFlash

・Microdrive

 

 

デジカメに入っているSDカード、携帯に入っているmicroSDなど小さいメディアもそのままお持ちいただいて大丈夫です。

 

ご参考までに。

ステッカー」の記事へ

5月 21st, 2010

車好きの方にオススメ!

ステッカーをご紹介します。

 

A3サイズ限定、データ持込の場合2,100円(税込)です。

幅297mm、長さ420mmがA3です。

幅297mm、長さ420mmがA3です。

こちらは塩ビシートという屋外看板にも使われるシートに印刷し、

UVラミネート(グロスタイプ)という紫外線による色褪せを防ぐラミネート加工をし、

プロッターというシールを切り抜く機械で加工したものです。

すべて含まれたパック料金です。

 

 

ここまでの加工をするためには、イラストレーターでデータを作成し、プロッターで切り抜くためのカットラインをつけてお持ち下さい。

データ入稿の場合はA3におさまっていれば、たくさん配置しても大丈夫です。

 

増殖。

増殖。

 

 

 

 

 

 

 

 

「イラストレーターなんて持ってないし、自分では作れない~…」というお客様。

こんなかんじという絵をお持ちいただければ、アヴァンがデザインからお作りします。

(こんなかんじです。)

 
納品までは1週間程度いただきます。
デザインから作成する場合はさらに1週間程度かかりますので、
イベント等で使う予定がある方は余裕を持ってご注文下さい。
 
 

大型ポスター」の記事へ

4月 13th, 2010

 

今日は大型ポスターの写真を撮ったので、ご紹介します。

 

出力風景はこちら→

出力中

出力中

 

白い大きな紙が出てきているのが分かりますか?

ポスターは長~いロール紙に印刷します。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらにパネルに貼ってみたり

5ミリ厚のパネルです

5ミリ厚のパネルです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラミネート加工をしてみたり

ラミネート中

ラミネート中

 

 

使い方や場所によって、いろいろな加工ができます♪

 

ちなみに4月中は、クーポンをお持ちいただくとラミネート半額ですよー  :D

 

 

 

 

 

 

 

ポスター印刷したいけど、デザインはどうすればいいの?というお客様!

ワードやエクセルといった一般のソフトで作ったデータでも印刷できるんですよ♪

USBやCD-Rに入れてお持ち下さい。

ただし文字化けがおきたり、ワードアートがうまく表示されなかったりすることもありますので、

店頭での確認作業にご協力下さい。

もちろんイラストレーター、フォトショップなどデザイン系ソフトも歓迎です♪

 

 

 

チラシをお持ちでないお客様はこちらのクーポンのページからどうぞ!

ケータイでクーポン画面を見せていただければ、同じサービスが受けられます。

モバイルの方:モバイルクーポンのページ

PCの方:下記のQRコードよりアクセスしてください。

201004キャンペーンページへ

カッティングシート」の記事へ

3月 24th, 2010
ガラスにカッティングシート

ガラスにカッティングシート

お店のガラスに営業時間など貼ってあるシート。

これはカッティングシートです。

 

カッティングシートは、マーキングフィルムや、切り文字とも呼ばれます。

 

もとはシールのシートを形に切って貼るというものです。

お店のガラスでも見かけますが、車に貼ってる方もたくさん見ます。

車用品店やホームセンターで切り売りされています。

上手な方は紙に下書きし自分でカッターで抜くそうですが…、

けっこうというか、そうとう難しいと思います。

なので、アヴァンではカッティングプロッターという自動で切ってくれる機械で、カッティングシート(切り文字)を作成するサービスをしています。

 

この機械は、文字だけでなく絵やロゴなどいろんな形を切ってくれます。

イラストレーターというソフトでカットラインを作り、そのデータを機械に送ると切ってくれます。プリンタのインクが出る部分がカッターになっている感じです。

 

車の窓のスミにちょっとカッティングシート貼ってみようかな、

お店の営業時間や休みの日をガラスにつけようかな、

という方に、カタカナ英数字1文字5cm角で105円の

カッティングシート作成やってます。

http://wwww.avant.jp/product-and-service/199

データプリント:DTPサービス」の記事へ

3月 18th, 2010

アヴァンではデータの出力、プリントサービスをしています。

データといっても様々なものがありますので、少しずつですが、ブログで説明していきたいと思います。

 

アヴァンはお店の受付カウンターにWindowsとMacの2台のPCを置いています。

これはお持込みのデータの確認をお客様とスタッフで一緒に確認しあうためです。

2台のパソコンにはどちらもアドビのIllustratorとPhotoshopが入っています。

 

アヴァンはDTPサービスとして、レーザープリンタによるカンプ出力、名刺やDMなどのオンデマンドプリント、大型インクジェットプリンタによるポスター出力などをおこなっています。

 

レーザープリンタは、コピー機も含めすべて富士ゼロックスになりますので、高画質・高品質の安定した出力が可能です。出力するRIPは、CMYK色補正をDIC標準色にしています。オフセット印刷にかなり近いシミュレーションでデータ出力ができると思います。

 

大型インクジェットプリンタは、最新のものでCanon iPF8100を導入しています。RGB色を含む12色出力により高彩度の画質を再現できます。幅1mのB0サイズの出力も可能です。

 

デザイナーやアーティスト、写真家の方、印刷や広告代理店の方など、様々なプロの方たちの要望に応えられるサービスをアヴァンは考えています。